英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

世界を知るということは「相対性」を持つこと

今まで20カ国ほどの場所に行きました。 海外に行くと、毎回自分の持つ固定概念が壊れることを感じます。 そのなんとも言えない「おもしろい!」という感覚が大好きです。 海外に行くと言えば 「海外旅行は視野が広がるからいいよね〜」 という言葉を耳にする…

【お金2.0から考える】東京の資本主義は時たま辛くなる

n 東京にいるとお金の匂いが強くて辛くなることがあります。 どこへ行くも・どの会社で働いているのか・年収はいくらなのか・どこどこのブランドものを持っているだとか・六本木の○○でご飯を食べただとか 「お金」という要素へのパワーが自分には強すぎるの…

なぜ利他主義の人は揃ってパフォーマンスが高いのか

これまで年間100冊以上の本を読んできました。 そんな中で「読み返したい!」と思う本は多くないのですが、大ベストセラー 稲盛和夫の「生き方」はその1冊に入ります。 思念が業をつくる言うは易く行うは難し タイトル通り”生き方”に直球で向けられている言…

テクノロジーが愛の「指標」を変えた −LINEでは愛が生まれない−

僕は今年(2018年)で27歳になる代で アナログとデジタルの間にいる世代だと思っています。 インターネットが家庭で使われていない時代も見てきたし、 ガラケーの普及 ガラケーの全盛期 ガラケーからスマホへの移行 そしてスマホの大衆化 まで様々な変化を見…

「成長する人」は結局アクションを起こせる人

「成長」とは凄く曖昧な概念のように思える。 いくつものことが新しく始まる4月には 学校で、そして会社で 「誰よりも成長したい」 「みんなで成長していきましょう」 と「成長」という言葉が無造作に使われている光景が想像できます。 成長とは? では何を…

なぜテラス席には海外の人がいるのか

僕は外がとても好きです。 極端に暑かったり、寒かったりしない限りは外で時間を過ごしたい。 ただ日本に帰ってきてからというもの、テラス席で見るお客さんは海外の方ばかり。 日本人がテラス席を利用する頻度は凄く少ないように感じます。 分母は確実に日…

想像の余地を持つということ -毎日”恋”をしてみる−

以前こんな素敵なnoteを偶然見つけました。 『満員電車で、恋をしてみる。』というタイトルに惹かれ、特に意識もせずに開いたnote。 こんな素敵で奥ゆかしい物書きを僕はできないのだけれど、なんとも何かを書かずにはいられない気持ちにさせてくれました。 …

【スイス観光】実際に行った!絶対行くべきスイスのオススメの観光地ランキング

こんにちは、Kenta(けんた)です。 今回は、『スイス旅行と観光』についての記事です。 せっかくヨーロッパに行くし、スイスに行ってみたい! という方の為に、僕が実際に行ってみて「良かった!」と思う街をランキングでご紹介します。 僕が一眼で撮ってき…

【イギリス観光】実際に行ってきた!ロンドン以外のオススメの街2選

この記事では定番の観光地「ロンドン」以外で僕がオススメする街をご紹介します! イギリス旅行を考えている方は、僕が実際に撮った写真と一緒に紹介するので、是非参考にしてみて下さい! ☆フランス旅行へ行くならこの記事☆ イギリスはロンドンだけじゃない…

ホームレスの荒井さんが気づかせてくれた『人との繋がり』の大切さ

みなさんはホームレスの方とお話したことがあるでしょうか? ・ ・ ・ ・ ・ 「みんなあまり知らないけど、東京の4割って実は森林なんだよ。」 と、ある日ふと友達が教えてくれたことがありました。 その時、いかに自分が東京の23区(実際には渋谷区、港区…