英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

留学してるのに英語話せない!あなたが変えるべき『3つ』のこと。

こんにちはKentaです。

 

僕は留学をしていて、

「英語上達していない。やばい!」

危機感を覚えた記憶があります。

 

「こんな英語力で日本に戻っても、

とてもじゃないけど留学してたなんて言えない・・・」

 

なんて人も意外と多いんじゃないんでしょうか。

 

 

僕が始めてアメリカに行った1年目の話。

 

「あ、俺アメリカ4年ぐらい住んでいるよ。」

と誇らしげに言う先輩がいました。

 

その当時、海外生活の経験が短かった僕には

うわ〜そんなに長くいるのか…!

と思いつつ、

 

ふと彼が英語を話すと

あれ?

と思う場面もよくありました。

 

 

何故かと言うと

 

そんなに長くアメリカに住んでいるのに

なんでそんなに英語が話せないの?

 

と思ってしまったんです。

 

その後には、

『自分は絶対こうならない。』

強く決断していました。

 

 

あなたの留学生活も気づけば

 

・いつも日本人といる

・英語を授業以外で話していない

・アメリカに長く住んでいるのに英語が下手な先輩が周りにいる

 

なんて環境になっていませんでしょうか?

 

この中で1つでも当てはまることがあれば

あなたの英語力の向上には大きな影響を与えていると

思った方が良いです!

 

今日は

「留学してるのに英語が話せない!

やばい!」

と思っている人たちに向けて

僕が思う『3つ』の変えるべきことを伝えたいと思います。

 

 

「留学期間=英語力の成長」ではない!

3つの事を書く前に

まず覚えておかなければいけないことは

留学している期間の長さが英語力の成長ではないということです。

  

1年間の交換留学でも

正しい環境と正しい学び方をしていれば

確実に英語は上手くなります。

 

具体的に何を変えるか?変えるべき3つのこと。

では早速本題に入りましょうっ。

変えるべき3つのことは、

比較的簡単に変えられるところから順に書いていきますね。

 

1、周りの情報(テレビ、インターネット、本)

まずは一番簡単に変えられるモノ。

それは周りの情報です。

 

留学していて英語力が伸びていない人の特徴

自分の周りの環境を日本語で固めてしまっている人です。

 

家に帰ったら

 

・ついYoutubeで日本のテレビ番組を見ていませんか?

・ネットで日本の情報をずっと検索していませんか?

・日本語の音楽をずっと聞いていませんか?

・本は日本から持ってきたモノを読んでいませんか?

  

これらは特に留学初期の方たちには勿体無いことです。

ある程度英語が話せると良いんですが、

これを最初からやってしまうと脳が英語に切り替わりません

 

僕は留学1〜2年目は意識的に

日本語の情報をシャットダウンしていました。

 

どこまでストイックにやるかは人次第かと思いますが、

僕は本気で英語を上達させたかったので、

周りの情報を全て英語に切り替えました。

 

英語上達のために、僕がやったこと:

・日本のコンテンツを見るのを辞めた

・日本の音楽を聞くのを辞めた

・メモは全て英語で取るようにした

・パソコンや携帯など言語設定を全部英語に変えた

・英語のコンテンツを積極的に取り入れた

(参考→明日からできる!成長するために留学1年目にしたこと

などなど…

 

2、人を変える

2番目は周りの「人を変える」ことです。

これって実は難易度はそこまで高くないのですが、

日本人がなかなか出来ないことです。

 

日本人は一度”コミュニティ”に属してしまうと

そこから抜けることができないんですよね。

 

それは和を大切にしている日本人だからこその素敵なことなんですけど。

 

ただ英語を学ぶことに関して言うと

それは致命的な問題になります。

 

日本人と一緒にいると、格段に英語を学ぶスピードは格段に落ちます。

 

それから他のよくあるパターンは

・英語が上手くない他の国からの

留学生と常に一緒にいること

 

じゃないでしょうか。

僕の経験だと韓国・中国などアジア系の留学生が多いかと思います。

 

・アメリカの友だちがあまり出来ない。

・他の国との国際体験はしたい。

・アジア人同士だから仲良くなれる。

・日本では出来ない体験をしているし、勉強になってる。

・なんとなく安心する。

 

きっとこう思っている人が多くいるでしょう。

前もっと言っておくと、

留学生の友だちを作るのが悪いわけでは

全然ありません!

 

むしろたくさんの文化に触れられるのが留学の醍醐味でもあるので

積極的に取り込むべきだと思います。

 

ただ、それが生活の10割になってしまうと

「あれ?あんま英語上手くなってない。」

と、ふと気づく瞬間があります。

 

なので、そんな体験もしつつ

同時に純粋なネイティブに囲まれる時間も意識的に作ることが大事なんです。

 

僕の場合は留学3ヶ月目で

”英語が特に上手くない他の国からの留学生と一緒にいる”ことに

気づきました。

 

友だちを辞めるわけではないですが、

一緒に過ごす時間は少しずつ減らし、

アメリカ現地での友だちを作り

周りの環境を”英語ネイティブ”に寄せていきました。

 

3,場所

最後は留学の場所です。

これは現実的に一番難易度が高いかもしれません。

でも確実に効果があります

 

僕は

『人は環境じゃなくて、自分次第だよ』

みたいな言葉は信じません。

 

むしろ

環境は成長の大きな要因を占めています

 

例えば僕の場合は最初に留学していた

ワシントン州シアトルからフロリダ州に引っ越しました。

大学も編入しました。

 

※参考→100倍速で英語が話せる!留学先でフロリダをオススメする理由

 

2年以上の留学を考えている人で

「あれ、英語力のびてないかも。。」

と思った人は思い切って場所を変えてしまうことをオススメします。

 

まとめ

今留学中の人も、これから留学をしようとしている人も

そして今、留学を考えている人も

是非参考にしてほしいと思います!

 

留学に関しての情報は

・英語が学べる!

・国際体験ができる!

など良い情報が出回ることが多いですけど

実際はそう上手くいかないことの方が多いですよね。

 

だから考えるより、

環境を少しずつ変える方が良いんです。

 

何か質問がある方がいましたら、

僕のTwitterにリプライでもDMを下されば

なんでもお答えします:)

 

 

Have a nice day!

 

 

 

参考資料室  

 

この記事に書いてあることは自分の経験則に基づくものです。
人の何百倍も英語学習のことを考えてきた自分の考えを発信することで、
溢れている英語学習法から自分なりの勉強法を見つけるのに役立ててほしい!
と思って書いております :)

Have a nice day!