英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

英語だけ話せても意味がない。グローバル人材の本当の意味とは?

グローバル人材とはなんでしょう?

 

「グローバル人材」

という言葉が出てきて数年。

多くの日本人が定義する意味は

 

「英語が話せること」

 

だったと思います。

 

グローバルに活躍するには英語を話さなければ!

 

という認識。

 

ただ自分にはその認識に違和感を感じます。

 

じゃあグローバル人材とは一体なんなのか。

それは教育で生み出すことができるのか。

 

少し考えてみました。

 


12925365233_a9e9368822_z

グローバル人材は英語がペラペラなことではない

初めから結論を言うと

グローバル人材になるには

 

完璧な英語を話せる必要はない

 

と思っています。

もちろん英語が話せることで損しません。

 

ただそれよりもグローバル人材にとって必要な要素は

 

世界の広さを知っていること

 

な気がします。

 

世界の広さ、というのは、

異文化のことはもちろんだけど

自分の国や文化をどこまで知っているか大事な要素の一つ

 

自分の国を海外の方に説明できないんじゃ

どうしても一方的なグローバル化になってしまう。

 

どうやって”世界の広さ”を知るか?

日本は特に島国で、

外国人と触れ合う機会が圧倒的に少ないですよね。

 

だから海外の文化に触れる機会も
必然的に少ないと思います。

 

そこで自分が大事だな、と多々感じることは

 

日本の常識は世界の常識ではないので
一度外国に行き、”非日常”を体験してみること。

 

というのも日本の教育(教育システム)は今だに

 

「英語が話せること=グローバル化」

 

と思っているようで

外国人教員をただ単に増やし、

教科書通りの英語を教えるだけ。

 

国際体験型の授業をするところはほぼないように思えます。

 

本来、英語+国際体験(文化を知るなど)

が双方なければいけないはず。

 

なので教育が変わってくれるのを待つなら、


自分から海外に飛び出してみた方が手取り早い!

 

と思っています。

 

自分の国を語れるか 

これも大事なグローバル人材の要素。

個人的な意見ですけど、日本では

 

れが「グローバル人材」の要素で

一番不足している気がします。

 

あなたは日本のことをしっかり語れますか?

 

1,英語ペラペラで日本のことを全く語れない日本人と

2,片言の英語でも日本のことを熱く語れる日本人

 

ここには凄い大きな差があると思っていて

教育が今作ろうとしているのは前者な気がするけど、

本当に必要なのは絶対に後者なはず。

 

ある程度の英語でもだけでも

しっかりと日本のことを説明できる日本人はどれくらいいるだろう? 

 

そう考えてしまうことが多々あります。

 

自分も

 

ただ英語が話せる人

 

になりたくないので、

今でも日本の歴史、経済、文化について勉強しています。

 

 

まとめ

きっと今もこれからも

まだ言われ続けるであろう

「グローバル人材」

という言葉。

 

ただ、「グローバル=英語」

と捉えてしまうのは凄くもったいないこと。

 

これからは

英語だけが話せるあなた

よりも

英語が話せて、日本のことを語れるあなた

の方が絶対に価値があります。

 

本日のオススメの一冊

「日本人」として勝つための条件を熱く書かれています。

グローバル金融機関シティ銀行でトップ0.1%の成績を複数年叩き出し、副社長にまで

昇った方が書かれた一冊。↓ 

 

グローバル人材になるためのアドバイスとその背景が綺麗にまとめられています。

自分を成長させたい学生、若手ビジネスマン向けの啓発書。 ↓