英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

英語だけ話せても意味がない。グローバル人材の本当の意味とは。

スポンサーリンク

グローバル人材とはなんだろう。

 

「グローバル人材」という言葉が出てきて数年。

多くの日本人が思う定義は

 

「英語が話せること」

 

だったと思います。

 

”グローバルに活躍するには英語を話さなければ”

 

という認識。

 

ただ自分にはその認識に違和感を感じます。

 

じゃあ

 

グローバル人材とは一体なんなのか。

また、グローバル人材を教育で生み出すことができるのか。

 

少し考えてみました。

 

グローバル人材は英語がペラペラなことではない

初めから結論を言うとグローバル人材になるには

 

完璧な英語を話せる必要はない

 

と思っています。

 

 

もちろん英語が話せることで損しません。

 

ただそれよりもグローバル人材にとって必要な要素があります。

 

日本を語れるか

”英語を話せる”スキルよりも大事なことは

 

自分の国」の文化をどこまで知っているか

 

それを伝えられるか

 

だと思うんです。

 

自分の国を海外の方に説明できないまま、異文化理解だけを進めてしまうと、

それは”一方的なグローバル化”になってしまう。

 

まずは常識を壊すことが大切

日本は島国で、外国人と触れ合う機会が圧倒的に少ない国です。

 

だから海外の文化に触れる機会も必然的に少ない。

 

そこで自分が大事だな、と多々感じることは、

 

自発的に海外に行き、”非日常”を体験してみること

 

今まで持っていた常識を壊してもらうこと

 

その過程で初めて”自分の国の文化を再認識”できるようになると思います。

 

認識とは、相対性が成り立って生まれる要素が強いです。

 

日本の比較対象になりうる海外に行くことはだからこそ重要になってきます。

 

「英語が話せること=グローバル化」という勘違い

日本の教育(教育システム)は今だに

 

「英語が話せること=グローバル化」

 

といった固定概念が強いように感じます。

 

外国人教員を増やし、教科書通りの英語を教えるだけ。

 

国際体験型の授業をするところはほぼないと思います。

 

本来、言語はそれぞれの土地の文化と密接に関わっているため

 

英語+国際体験(文化を知るなど)が双方なければいけないはず。

 

 

これからは”言語だけのスキル”は役に立たない。

 

他国の文化理解、

 

そして自国の文化理解があって言語に力が生まれます。

 

 

ですので、教育がその”異文化理解”を提供してくれないのであれば、


自分から海外に飛び出してみた方が絶対に早い

 

まとめ

きっと今もこれからも言われ続けるであろう「グローバル人材」という言葉。 

 

しかし、”グローバル=英語”と捉えてしまうのは非常にもったいない。

 

これからは

 

ただ英語が話せる人

 

よりも

 

英語が話せて、日本のことを語れる人

 

 

そんな人材が日本には必要になってくるはずです。

 

それが本当のグローバル人材。

 

オススメの一冊

「日本人」として勝つための条件を熱く書かれています。

グローバル金融機関シティ銀行でトップ0.1%の成績を複数年叩き出し、副社長にまで

昇った方が書かれた一冊。↓