英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

留学をして友達を作りたい!海外で友達を作る3つのテクニック。

こんにちは!Kentaです。

 

このブログでは留学や英語についてたくさん書いています。

そして留学といえば、きっと人それぞれ悩みがあると思います。

 

・英語がなかなか上達しない

・クラスについていけない

・ホストファミリーを上手く合わない

 

そして

 

・留学先で新しい友だちがなかなかできない

 

ではないでしょうか?

僕が留学をしている最中も、この悩みを抱えたたくさんの友達を見ました。

 

そんな中、僕は嬉しいことに 

こんな多種多様な友達ができました↓

f:id:haruzora7:20170813083759j:plain

f:id:haruzora7:20170813083844j:plain

 

本当にアメリカにいた5年間で最高の仲間ができたと思います。

そして友達とは日本に帰った今でもつながっています。

 

アメリカの友達が日本に来てくれたり↓

f:id:haruzora7:20170813084425j:plain

 

インドネシアまで友達に会いに行ったりもしました↓

f:id:haruzora7:20170813084455j:plain

 

今日は

 

・これから留学をするけど、友達ができるか不安…

・留学中なのに友達ができない…

 

という方たちに

海外で友達を自然と作るテクニックをご紹介します!!

 

 

I like your ○○ で褒める!

日本で育ってしまうと「他人を褒める」ことなんて

あんまりないですよね。けっこう恥ずかしいもんです。

でも一歩海外に出ると、しっかり相手のことを見て、

思ったことを伝えることが大事!

 

友達作りでめちゃめちゃ使えるのは

「I like your ○○」

君の○○が好き、好きの○○いいね、といった表現です。

 

僕がよく使う「I like your」

・I like your outfit. 君の服いいね!

・Where did you buy it? どこで買ったの?

 

→相手の服装を褒めてあげます。

やっぱり身につけているものは褒めやすいです。

outfitじゃなくても、

I like your shoes. とか

どんな名詞に置き換えても大丈夫ですよ!

 

相手に興味があることをとことん伝える!

海外に1歩出るとそこは多様性で溢れています。

なので、とことん相手に質問を投げかけてみましょう。

 

Where are you from? どこ出身?

What is your major? 専攻は何?

Which class are you taking this semester? 今学期どんなクラス取ってるの?

 

などなど。

ワンポイントアドバイス

ここで一つ僕からアドバイス!

 

それは質問だけをただ続けないこと。

海外では主体性があることも友達作りには欠かせないので

ちゃんと自分のことも伝えてあげましょう。

 

例えば

Where are you from?

の後

I'm from Japan. Do you have any Japanese friend?

−僕は日本からだよ。日本人の友だちはいる?

 

など、自分のことも伝えつつ

新しい質問が作れればベスト!です。

 

新しいコミュニティに行く

僕は仲の良い仲間と出会えるかどうかは

ある種、確率論だと思っています。

なのでとにかく新しい人との接触を増やすことが

友達づくりの大事なテクニックだと思います!

 

・学校のクラブに入ってみるでも良し。

・ホームパーティーに行ってみるのも良し。

・アクティビティに参加するのも良し。

 

自然と友達が増えている日本人の特徴

そんな新しいコミュニティに構わずガンガン入っている

が多いです。

 

そしてこれはずっと続けなくても大丈夫です

最初は積極的に入ることが大事です。

 

ただ何人か仲の良い友達ができると

後は友達の友達に会ったりと、

生活しているだけで友達の和が広がっていくことが多いんです。

 

なので最初だけたくさんのコミュニティに積極的に

参加してみましょう!

 

まとめ

友達がなかなかできない…

と悩んでいるのはあなただけじゃありません。

これって留学生の中では非常に多い悩みだと思います。

 

ただせっかくの留学。

 

世界中の友達を作って、

より充実した留学生活を送りたいですよね!

 

勇気を出して行動していると

帰国する時に

「凄い良い時間だったなあ」

と感じれるはず。

 

 

もう少し質問してみたい…!

という方がいればいつでもTwitterにリプ飛ばしてくださいね!

 

 参考資料室