英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

単語帳は絶対いらない。たった1つの最強の英単語の覚え方。

スポンサーリンク

f:id:haruzora7:20171111233225p:plain

あなたは英単語を覚えようとしている方でしょうか?

 

今回は”単語帳は使わずに”、英単語を覚える方法を紹介します。

 

英語の勉強方法について色々な本が出版されていたり、勉強方法がインターネットに出ていたりしますが、


今だに多くの「単語帳」が本屋さんに置かれていることに驚きます。

自分は今まで一度も単語帳を使ったことがありません。

単語帳を使うことは意味がないとは言いませんが、すごく非効率的なやり方だと思っています。


今回は、そんな自分がどうやって語彙力を増やしてきたか、ご紹介します。

 

単語帳を使わずどうやって語彙力を増やすか?

最初から単刀直入に答えを言います。 やり方はすごくシンプル。

 

長文問題の中で単語を覚える

 

という方法です。

 

そもそも日々の生活の中で単語だけで出てくる英語はほとんどありません。

単語というのは文脈の中で意味を持ちます。

単語だけで出てくる英語はほとんどありません。

 

こんな風に覚えるのがおすすめ 

  1. 長文問題を解く、又は読む
  2. わからない単語が出てきたら書き出す ※ここでポイントはいちいち調べずに読み通すこと
  3. 読み終える
  4. 書き出した単語の意味を調べて、再び長文を読み直す

 

長文が長ければパラグラフごとに分けても大丈夫です。

しかし一単語ずつやると時間がかかるので、ある程度まとめてやるのがおすすめ!

 

こうすることによって単語の意味を調べ、長文の前後の文脈から

 

「あーこうゆうときに使えるんだ」

 

という感覚を養うことができます。

 

単語帳はつまらないし、効率が悪い

最近の単語帳は例文がついていたりCDがついていたり、工夫をされていますが、とにかくつまらないと思っています。

 

それにTOEICやTOEFL、それから英検でも長文読解は必須です。

 

そういった意味でも

「単語だけを勉強しなければいけないことは、面白くない&効率的ではない」ので、

長文の中から勉強するようにしましょう!