英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

1度海外に行くと、行くのを辞められなくなる理由。

今も海外からこの記事を書いているのですが、

僕は海外に行くことが大好き人間です。

始めて行ったオーストラリアの経験をきっかけに

 

・海外に行って違う人と会話して

・違う文化を体感して

・その地の食べ物をたくさん食べてくる

 

そんな海外での体験の

とりこになってしまいました。

 

ふと思うと、自分の周りでも

1度海外に出た人はどんどん海外に行っています。

 

ふと、

一度でも海外に出ている人はどんどん色んな国に行っているなあ

と思いました。

 

そこで今回は海外に行く人が、なぜ辞められなくなるのかを

考えてみました。

 

 

二極化していく

ニューヨークで出会った広島出身の友達がいます。

その友だちは当時ニューヨークが始めての海外旅行でドキドキしていたそうです。

 

こないだ実は5年ぶりに会ったのですが、

今では2ヶ月間東南アジアでサバイバル旅行をしたり、

今度は南アメリカに女子2人で旅しに行くそうです。

 

なんともたくましい…。笑

 

 

しかしそんな中でも

「俺は日本でいいや。ご飯も美味しいし、安全だし。」

と言う友人もいます。

 

そんな友人は海外は絶対に行かないですし、

国内旅行もほとんどしていない印象があります。

 

これふと思ったんですけど

海外に行く人と、そうでない人は二極化していくんですよね。

 

”コミュニティ”単位で二極化していく

この二極化は個人単位でしていくというよりかは

”コミュニティ”で二極化していっていると思います。

 

例えば海外に行く”きっかけに”って、

基本的に「友達が住んでるから」とかが多いんですよ。

 

・友達がニューヨークで留学してるから、会いに行った。

・友達がカナダでワーホリしてるから、会いに行った。

 

とかとか。

 

そうすると、

 

友達に会いに行ったはずなんだけど

今度は自分一人で海外に行きたくなって、

自ら行動を起こし始めます。

 

そしてまたその自分で海外に行った友達を見て、

その友だちの周りの友達が動き始めます。

 

 

反対に、

海外に行かない組は、

周りの友達も閉鎖的な友達でかこまれていると思います。

 

なのでこの”二極化”

 

海外に行くコミュニティはとことん行くし

行かない人はとことん行かない

 

という

 

コミュニティ単位で起きているんだといつも感じます。

 

外向きのコミュニティに属するか、内向きのコミュニティに属するか

しっかり意識して自分をコントロールすることは本当に重要ですね。

 

1度海外に行くと、行くのを辞められなく理由

 本題である

「1度海外に行くと、行くのを辞められなく理由」に戻ると、

 

その理由は大きく2つあると思っていて

 

①日本に戻ると、日本で得られる刺激じゃ足りなくなる

②周りの友だちがまた海外に行き始めて、居てもたってもいられなくなる

 

この2つだと思うんです。

 

自分から生まれる動機

①は自分の中から生まれるモノ。

日本に帰ってくると、

海外で出会った出会いの重みや

新しく体感した文化・驚きの体験

を欲しくなってしまうんです。

 

日本は安全で良い国です。

でもだからこそ海外での刺激がついほしくなってしまうんですよね。

 

外からくる刺激

②は外からくる刺激。

コミュニティが二極化している話に関係していると思うんですが、

一人二人と、海外に行く友だちが増えてくると

海外でワクワクしながら旅行・生活している人は常に現れるんですよね。

そんな人をFacebookやInstagramから写真や動画で見ていると

つい居てもたってもいられなくなるんです。

 

例えば、友達がハワイの海で撮った写真を見て

「私も行きたい!」となったこと1度はあるはず。

 

そうやって、

外向きのエネルギーは自然と伝染していき、

自分のエネルギーに変えられているのだと思います。

 

まとめ

海外旅行や留学、なんでもいいですが

海外で出会ってきた人たちは”外向きのエネルギー”に溢れている人ばかりです。

 

僕はこの外向きのエネルギーに刺激を受けて行動することが多いですし、

このエネルギーを感じない人とはあまり一緒にいないです。

 

この記事は「海外に行くこと」をトピックに書きましたが、

きっと何をするにも

”自分に合ったエネルギーを

放出してくれるコミュニティ”

に属することが大事なのかな、と改めて気づくことができました!

 

 

もし共感してくれたり、コメントがあれば

ぜひぜひTwitterでリプ下さいね:)

 

 

海外に今スグ行きたくなる本