英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

自己紹介 −Kentaのプロフィール−

f:id:haruzora7:20171101171419j:plain

Kenta(けんた)/ 国内/海外マーケター

北海道 札幌市出身。東京在住。

中学校時代にアメリカ人と2週間過ごしたことをきっかけに、

英語と海外に興味を持つ。

高校卒業後に日本の大学へ入学するも、1年でアメリカに移住することを決意。

その後、アメリカの大学に入学するため、渡米。

当時通っていた日本の大学には、アメリカから退学届を郵送した。

”Do what you are passinate about.”

をモットーに、常にワクワクすることだけを見ています。

 

 

どんな生き方をしてきたか

幼少期(幼稚園・小学校)

北海道の札幌市で生まれ育ちました。

小さい頃はやんちゃな性格で、よく先生に起こられる子どもでした。

小学校時代の友だちに大人になってから会うと

「けんたって大人しくなったよね。」

とよく言われます。

小学校の頃はずっと学級委員に立候補していたり、

興味あることには何にでも手を出してしまう小学生。

先生も手を焼いたことと思います。笑

 

2人の出来の良い兄がいて、兄がやっている習い事をやっていました。

−バスケ
−水泳
−書道

ただひとつだけ、兄がやっていない習い事を「やってみたい!」と

言ったことがあります。

それが英会話でした。

この頃から漠然と言語に興味があったのかもしれないです。

 

振り返ってみると、バスケに水泳に書道に英会話など

毎日アクティブな小学校生活を送りました。

 

中学校時代 −勉強に目覚める−

中学校に入り、少しずつ落ち着きが出ました。笑

小学校から引き続き、バスケ部に入り放課後は部活に没頭しました。

ここから人生で初めての塾に通い始めます。

それからというもの、勉強が楽しくなり

授業の間の休み時間や昼休みも勉強する日々がありました。

給食時間にも勉強をしていたときは先生に怒られました。

 

中学2年の夏休みに友だちの誘いで

アメリカ人とのサマーキャンプに参加します。

授業で習い、初めて口にした英語

「Hello, how are you?」

が通じたことに心の底から感動

このときから英語が大好きになりました。

夏休みが終わると、サマーキャンプに参加した友だちと

英語の先生のところへ一直線。

「朝はやく来るから、特別に授業をやって下さい!」

と懇願。

毎朝8時からホームルームが始まる8時半までの30分の間

僕と友だちと2人だけの英語の授業が始まりました。

 

受験シーズンに差し掛かり、

親にアメリカの高校に進学したいとお願いをします。

しかし反対され、しぶしぶ日本の高校に入学することを決めました。笑

 

高校時代 −進路に揺れる−

高校に入り、バスケ以外のスポーツをやろうとしていたけれど、

結局バスケがやりたくなり、引き続きバスケ部に入部。

高校の放課後もバスケに没頭する日々が続きます。

 

同時に高校卒業後の進路を考え始めます。

アメリカに行きたいという気持ちが少しだけ薄れ、

昔から大好きだったケーキを作りたいとフランスへ行くことを

少し考え始めました。(今思えば面白い進路を考えてた。)

 

「フランスで勉強してパティシエになるのもいいな〜」

と思い始めます。

 

しかし

”英語をもっと学びたい”という気持ちは消えず、

「英語 vs. ケーキ」

を考える日々が、数ヶ月続きました。

ただ最後は”まぁ、ケーキは趣味でもできそうだな”という結論になり、

英語を勉強することに決定。

 

アメリカ行きは一旦やめて、日本の外語大学に入学することを決めます。

 

大学時代 −外語大学編−

はじめての1人暮らし。

はじめてのサークル。

新しい友だち。

外語大学に行っていた時代は

割りと楽しんでいました。

 

ただ、入学してから半年ほど経った頃、

”日本の大学に払っている授業料に対して自分が得ているもの”

に関して考え始めました。

 

少し時間が経ち、1年生を終える頃には、

「もう日本の大学で学ぶことはないな」

「日本の大学に学費をこれ以上払いたくない」

と思い、本格的にアメリカに行くことを決意。

 

大学時代 −アメリカ編−

19歳、ワシントン州のシアトルに引っ越しました。

毎日新しいこと続きで、刺激的な毎日を送ります。

ホストファミリーにも恵まれ、毎日新しい英語を学んでいる日々にワクワク。

 

「やっぱりアメリカ最高だな!」

と思う毎日。

 

しかし1年で「もっともっとアメリカで学びたい」と意欲が高まり、

シアトルからフロリダ州にあるオーランドにある大学へ再び編入


※オーランドへ行った理由はこちらから↓

 

そして僕はフロリダが大好きになりました

 

f:id:haruzora7:20170915115133j:plain

f:id:haruzora7:20170915115137j:plain

f:id:haruzora7:20170915115141j:plain

 

フロリダは人や文化の多様性にとても溢れていて、

シアトルに居た頃とは違う経験をしました。

毎日太陽が出ていて、心から幸せな日々を過ごします。

 

アメリカに来てから2年ほど経った頃で

「もう一生ここに居て良いなー」と思い始めます。 

 

アメリカに残るか、日本へ帰国するかで再び揺れる 

卒業が近づき、

・アメリカに残るか

・日本へ帰国するか

で悩む日々が続きます。

 

考えた末に、日本へ帰国することを決めて
(※後日、なぜ日本へ帰ることにしたか記事を書きます。)

ボストンキャリアフォーラムやスカイプを通して

面接を受け始めました。

幸いアプライしたIT企業からはいくつも内定をもらうことができて

2016年に完全帰国しました。

5年間のアメリカ生活が幕を閉じます。

 

帰国してから、今まで

現在はいわゆるメガベンチャーと呼ばれるIT企業に就職し

主にマーケティングと海外展開の仕事をしています。

その他で日本の文化を海外に発信するため、様々な事業を友人と考案中です。

 

好きなこと

趣味

やっぱりバスケ

f:id:haruzora7:20170725095325j:plain

読書も大好き。小説も、哲学書も、啓発書もなんでも読みます。

f:id:haruzora7:20170725095333j:plain

ジムもよく行きます。今の目標はあと+5キロ。

f:id:haruzora7:20170725095350j:plain

公園に行くことも好きです。よく代々木公園に行きます。

f:id:haruzora7:20170725095405j:plain

好きな食べ物

パンがめっちゃ好きです。

f:id:haruzora7:20170725095633j:plain

好きな音楽

久石譲さんの音楽が大好きです。

f:id:haruzora7:20170725095908j:plain

 

SNSはこちら

Twitterやっています。

 

noteには写真をあげています。

 

インスタグラムもやってます。