英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

僕が留学先でフロリダを圧倒的にオススメする理由

スポンサーリンク

f:id:haruzora7:20180721161541j:plain

 

留学先を決めるのは凄く迷いますよね。


自分は大好きなフロリダ州で勉強をしていましたが、実は最初の1年はワシントン州という場所で過ごしました。

この2つの州、地図で見るとわかりやすと思いますが、実はアメリカの端っこと端っこなんです。

  

飛行機で行くと直行でも5時間ぐらいかかります。

 

僕はそんなワシントンからなぜフロリダにわざわざ行ったのでしょうか?

 

この記事では留学先でフロリダが圧倒的におすすめな理由を書きたいと思います。  

 


①フロリダでは英語が話せるようになるスピードが100倍早くなる

日本人がアメリカに留学する理由で1番多いのは

「英語を話せるようになりたいから」

という理由じゃないでしょうか。

 

その英語力を上げる方法は以前の記事でも書いたんですが

 

留学先選びも英語を話せるようになる為の大事な要因の一つ。

 

今は英語を困難なく話せるようになりましたが、ワシントン州にいた時はまだまだ「英語話せるよ」とはとても言えたレベルではありませんでした。

 

 

まず、アメリカの西海岸(ワシントン州、カリフォルニア州など)の特徴として日本人の人口が圧倒的に多いことがあります。

 

なので、英語をアウトプットする量が減ってしまうことがあります。

 

 

”日本人と関わらなければいい”という考え方がでてくるかと思いますが、

 

”一度日本人グループを入ってしまうとなかなかそこから抜けずらい”

 

なんてことが起こることも珍しくないと思います。

なので最初からそんな問題が起こらない環境にいる方がおすすめなのです。

 

フロリダに来るとどうなるか?

その反面、フロリダにいると日本人の数は圧倒的に少なくなります。

 

なので必然的に”英語を話さなければいけない”状況に入ることになります。

 

僕がワシントン州にいたときはたくさんの日本人の友達がいて、英語が伸びていない自分に「これじゃ、まずい。」と思って、引越しを決意。

 

フロリダに来てからは日本人の友達は激減しました。
まず会うことがほとんどなくなりました。

 

もちろんフロリダにもオーランドやマイアミなど大きな街がありますし、
住んでいる日本人の方がいないとは言いません。

 

ただ、日本人の学生数は西海岸のワシントン、カリフォルニアなどに比べると圧倒的に少ないのは間違いないかと思います。

 

日本人がいないところに来ると本当に英語力が上がるか?

これは個人的な感想になりますが、上がります。

 

僕はワシントン州で過ごした1年より、フロリダで過ごした最初の3ヶ月の方が英語力が伸びたのは間違いなく、成長を短期間で大きく感じられたのがフロリダでした。

 

日本語で育ってきた日本人が本気で英語力を伸ばすには「日本語を全く使わない環境」ぐらいが丁度良いと思います。  

 

②フロリダは文化の多様性がすごい!

アメリカは誰もが認める、文化と人種のるつぼです。

たくさんの移民が住んでいて、たくさんの文化と言語、そして宗教が混ざっています。

 

そしてフロリダ州もとても文化の多様性に富んでいる地域で、

 

・アフリカから
・ヨーロッパから
・南米から
・そしてアジアから



たくさんの人たちが集まってできている州です。

フロリダに来てから何カ国籍の友達ができたか数え切れません。

ちょっと興味が出たので数えてみました。↓↓

 

ワシントンにいた頃の友達: アメリカ、中国、韓国、香港、台湾、タイ、インドネシア

フロリダに来てからの友達: アメリカ、中国、韓国、香港、台湾、インドネシア、ブラジル、チリ、エクアドル、アルゼンチン、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、グアテマラ、メキシコ、ニカラグア、ホンジュラス、コスタリカ、ハイチ、ドミニカ、モロッコ、エジプト、サウジアラビア、エチオピア、南アフリカ、ナイジェリア(親友)、ケニア、スウェーデン、イギリス、ドイツ、スペイン、オーストリア、フランス、イタリア、、、、、、、etc  

 

とても数え切れません。

 

フロリダに来てからは本当にたくさんの人と出会って、友達になりました。

 

どうせ留学するならば色々な文化を見れた方が視野が広がるし、

 

ただ言語を学ぶだけの留学より価値が絶対にありますよ。

 

英語のアクセントはたくさんある

それからこれだけたくさんの国籍の人がいるということは、英語にも色々な種類があるんです。

 

フロリダはたくさんのアクセントで溢れています。

 

これがきっかけで、

”英語は完璧じゃなくてもいいんだ”

 と気づくことができて自然と英語を話す量が増えました。 

 

③フロリダは楽園

最後にちょっと勉強から外れて、遊びの話を。

フロリダには素敵な場所と遊ぶところが豊富にあります。

世界的でも有名な観光地です。

 

例えばフロリダ州オーランドだと、

 

ディズニーワールドがあったり 

ユニバーサルスタジオがあったり

シーワールドがあったり  

遊園地で溢れています。

 

それからフロリダといえば海とビーチ

 

世界中から観光客が集まるマイアミビーチがあったり

アメリカ最南端のキーウエストもおすすめ  

 

最後に個人的に大好きな街が

St. Augustineという街です。

 

1565年に設立されて、

はアメリカ50州の現存する都市の中で最も長い歴史を持つ都市です。

 

St.Augustineには僕が撮った写真があるので、もしよければこちらで見てみてください。  

 

最後に:全てが”自分次第”なわけではない

”どんな環境にいても自分次第だよ”といった言葉を耳にすることがありますが、個人的にはそれは半分正解で半分間違いだと思っています。

 

確かに自分の意識を変えることで変えられることもたくさんあるけれども、

自分に合っている環境、そして挑戦できる環境にいると

成長率を10倍にも100倍にもスピードアップすることができるからです。

 

これは自分がワシントン州からフロリダ州に来てわかったこと。

 

 

だから留学している中で、そして生活をしている中でも

 

”なんか最近成長していない気がする”

 

と感じた時は思い切って、「大きく周りの環境を変えてみる」ことが大切。

 

オススメの本

フロリダの魅力がぎっしりと詰まった定番の一冊。