英語といっしょに暮らす

留学と英語の話、そして日々思って感じたことをマイペースに発信していくブログ

どちらも英語の資格。TOEICとTOEFLの違いを知っていますか?

TOEICとTOEFL。

学生さんや英語の勉強をしている方、社会人の方でも

よく聞くワードですよね。

 

よく聞きますが、その違いはご存知でしょうか??

 

 

結論から先に言うと、

 

TOEICは就職活動のためのモノ。

 

TOEFLは留学のためのモノ。

 

と認識を持っていれば間違いないです。

ただこれは用途としての認識だと思って下さい。

 

具体的なテストの内容は大きく異なるので、

是非このブログを参考にしてみてください!

 

TOEICとTOEFLって何の略?

 

TOEICは

Test of English for International Communication

の略。

 

つまり「英語のコミュニケーション能力テスト」です。

 

TOEFLは

Test of English as Foreign Language

の略です。

 

こちらは翻訳すると

外国語としての英語運用能力テスト」ですね。

 

 

正直似たり寄ったりの言葉ですね。

 

どっちが難しい?

これは圧倒的にTOEFLの方が難しいです。

出て来る単語、英語表現なども格段にレベルが上がります。

 

試験時間は?

TOEICは2時間ですね。

リスニングが45分間、リーディングが75分間と決まっています。

 

対するTOEFLはと言うと…

 

4時間!

 

長い…。

 

リーディング

リスニング

スピーキング

ライティング

 

の4部構成で作られていて、

計4時間となります。

 

僕も何度か受けていますが、

終わったときの開放感は尋常じゃありません。笑

 

受験料は?

TOEICは5565円(税込み)

TOEFLは225ドル

 

ん?

225ドル?

 

そう、TOEFLの支払いはドル支払いになります。

もちろんクレジットカードで支払うと、

円に換算されるので

レートによりますが20000円〜25000円ほどですね。

 

高い…。

 

テストの形式は?

TOEICマークシート

TOEFLインターネット受験です。

 

基本的に4時間パソコンの前に座りっぱなしなので

目がとてつもなく疲れます…。

 

ワンポイント

TOEICもTOEFLも同じ英語の試験ですが

対策方法は全く違います

どちらを受けるにせよ、それぞれの試験に合った対策をしましょう!

 

豆知識

TOEICの受験者は日本と韓国の2カ国からの受験者

全体の60%を超える試験なのです。

国際的な試験とは全く言い難いですね…。


しかも

TOEICはそもそもどうやって出来たかと言うと

日本人がTOEFLを作っているETSに

 

「TOEFLめっちゃむずいやん…もっと日本人の為に

簡単なテスト作ってよ…」

 

とお願いをして作られたテストなのです。

 

TOEFLは当時の日本人には難しすぎた、ということですね。

 

終わりに

よく目にするTOEICとTOEFLですが

違いを知っておいて損はないので

簡単なこの違いだけでも認識しておきましょう!

 

TOEICの参考書はたくさんありすぎてわからない!!

そんな方にはこんな記事を書きました:)